放射線測定器のたろうまる
投稿: 2020/09/18
たろうまる@なかやま

除染後も深刻な高線量

放射線測定器

グリーンピースは2018年10月、福島県浪江町の帰還困難区域のほか、飯舘村と浪江町の避難指示が解除された区域で、放射線測定器で空間放射線量を詳細に測定した。

それによると、浪江町の帰還困難区域である大堀、津島の3つの測定場所でそれぞれ平均値として毎時4.0マイクロシーベルト、毎時1.2マイクロシーベルト、毎時1.3マイクロシーベルトを記録(地表から1㍍の高さの空間放射線量率を、ヨウ化ナトリウムシンチレータ放射線測定器を用いて1秒ごとに測定)。

参考文献&ニュース参照元